動作している機能別の解説

このページでは、動作している機能をまとめています。

ルーティング関連

OSPF

 

Ciscoルータ3台をOSPFエリア0として設定しています。broadcastモードとP2Pモードで動作させています。他にも絵にはないですが様々なOSPFの機能を設定しています。

下記は、runsuru-01ルータのOSPF関連のコンフィグレーションです。

それぞれのルータにログインして、neighborの状態確認、DR/BDRの状態、ルーティングをコマンドで確認していくといいと思います。

見るべきポイントなどをまとめたページは、こちらからご覧ください。

【実機にログイン】OSPFで確認するポイント。CCNAシュミレーション対策にも

EIGRP

EIGRPのプロセスIDは、1として設定しています。

下記は、runsuru-01ルータのEIGRPのコンフィグレーションです。

サクセサ フィージブルサクセサなど確認するといいと思います。

【実機にログイン】EIGRPで確認するポイント。CCNAシュミレーション対策にも

RIP

RIP version 2 で動作しています。

下記は、runsuru-01ルータのRIPのコンフィグレーションです。

show ip rip databaseなどのRIPの確認コマンドを打って、どんな表示になるのか慣れて見てください。

見るべきポイントなどをまとめたページは、現在作成中です。(2017/11/17)

スタティックルート

Ciscoルータ3台のうち、1台(runsuru-03)にスタティックルートを設定しています。172.18.0.0向けをnext-hop形式、インタフェース指定の形式で設定しています。

ルーティングテーブルを表示させた時に、どういう違いがあるか見るといいと思います。

BGP※作成中

 

FSRP(First Hop Redundant Protocol)※作成中

  • HSRP(作成中)
  • VRRP(作成中)

L2関連※作成中

  • Vlan (Trunk、Access、SVI) (作成中)
  • STP(作成中)

関連ページ